Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー総集編。

こんばんは。
1日1ブログ
今日バイトの帰りにネコみつけて、すごい勢いで逃げられたゆきこるです。
ああ、ネコ語が話せるようになりたい。

そんなこんなでペルーも終盤、今日はなんとなく総集編。

クスコ近くの村(町?)チンチェーロののどかな風景。
チンチェーロ

クスコのメルカド(市場)にて。お帽子がすてきなおばちゃまたち。
mercado en cusco

クスコ、ペンション八幡の前の通りから。
cusco1.jpg

同じく夕暮れのクスコ。
cusco2.jpg

温泉の町、カハマルカのトゥクトゥクタクシー。
カハマルカ

同じくカハマルカ、すばらしい夕暮れ時の空。
カハマルカ2

ペルー、楽しかった、おいしかった。
人もやさしいし、大好きな国です。

死ぬまでにマチュピチュリベンジ・・・するかも。かも。
スポンサーサイト

ピサックへ行くの巻き。

あいたたたた。
アルバイトを始めて、足が筋肉痛のゆきこるです。
なまってんなー、体。

そんな現実から、一時的に逃避!
今日はペルーのピサックです。

マーケットには色がいっぱい。
at a feria

lady3.jpg

すばらしい刺繍です。
lady1.jpg

お子もカラフル布で背負っちゃう。
mother and child

pisaq2.jpg

道端でお食事中。
pisaq1.jpg

地元のお酒をいただきました。グラスでかっ。後ろの親子がほほえましい
me and sake

見てるだけでも楽しかったよ、ピサック。
実はミニマチュピチュのような遺跡があったけど、坂がキツそうだったので行かなかったというのは内緒です。

魅惑のペルーご飯。

食いしん坊ばんざい。

今回の旅のテーマ、食・ネコ・温泉!
ボリビアであった旅人たちにペルーご飯の感想をきいたら、
「うん、まあ、おいしいよ」いまいち煮え切らない感じ。
そんなもんかと期待しないでいったのがよかった。
シーフード万歳。とってもおいしかったよぅ

まずは何度食べたかわからない、セビッチェ。
レモンの酸味がたまりませーん。イカフライ付。
セビッチェ

これまたセビッチェ。
me eating cebiche

chupe de pueso。チーズのスープです。どんだけチーズよ?
chupe de queso

サラダ。
ensalada de verduras

クイ(モルモット)のグリル。
qui chactado

前歯がぁぁぁ。
クイ

こんな大きさです。
qui and me

パリウエラ。魚介のスープです。
paliuella.jpg
アンティクーチョ。ハツの串焼きです。ビールのお供に最適。
anticucho.jpg

そしてペルーでよく飲んだのがこのビール。とってもフルーティです。
quara.jpg

チリモヤ。カスタードアップルのようなフルーツ。
chilimoya.jpg
いかがでしたでしょうか。

セビッチェを日本でつくるぞぉと意気込んでいた私。
でも海産物の物価の高さに負けっぱなしです。

ああ、セビッチェ食べたいなぁ・・・

アレキパ。

さてさて、チチカカ湖を後にして向かったのはアレキパという街。
ここは当初来る予定ではなかったのですが、スケジュール確認をしたところ
がんばれば行けるということが発覚(笑
では、行ってみましょう

信号機おじさん。ナイススマイルグッドジョブ。
signalman.jpg

市場で見かけたおしゃれリャマ。
osyare llama

蛙の肉がぁ。
carne de frog

ぶ、ぶーこさんがっ!
chancho.jpg

アレキパの夕暮れ。
arequipa.jpg

壁。
wall.jpg

アレキパからユーラ温泉に行けます。(前日記参照)
おいしいものがいっぱいだったので、次回写真アップしまする。

ペルーへ突入。

父、かかぁ、子・・・

そんなこんなで(どんなで?)チチカカ湖は南米最大の淡水湖です。

太陽の島を満喫した私たちは、バスでペルーのプーノという町まで移動。
とうとう食の宝庫、ペルーに入国です。わくわく。

翌日はウロス島へのツアーに参加。
ウロス島は葦(トトラ)でできた浮島。こちらにはインディヘナの人々およそ700人(だっけな?)が暮らしています。生活に必要な学校や病院へ行くのもボートを使っての移動なのです。

プーノからボートにのって数十分。見えてきましたー。なんやらおばちゃんとか人形のよう・・・。
RIMG1627.jpg

これがトトラ。やわい部分は食べれるんだよー(あまり美味しくはない)
totora and a lady

インディヘナの民族衣装を着させていただけることに!
changing cloth

完成形。カラフルぅー
with traditional dress

お子だって、こんなにカラフルぅー
a girl

島の作り方や、人々の生活などをガイドさんが英語で説明してくれました。
他の観光客の人にもめぐまれ、とても楽しい時間がすごせて、これまた満足なゆきこるなのでした。

Appendix

プロフィール

ゆきこる

Author:ゆきこる
1年5ヶ月プラス3ヶ月で地球を1周。
やっぱり地球は広かったー。
出会ってくれたみなさん、応援してくれたみなさん、ありがとぅ。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。