Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば、モロッコ。(マラケシュ)

マラケシュ・・・昔松田聖子の歌にあったなぁ。(オーバー30的発言ですみません)

ごはん、おいしい。
おみやげ、かわいい。
あああー、このまま日本に帰るなら、大人買いしたいものがいっぱい!

魚のフライー!つけあわせの揚げナスもおいしかった。(写ってないけど)
1 fish

広場にはたくさんの屋台がでます。
1 mar2

1 mar1

宮殿の中庭にて。
1 mar9

にゃんこパラダイス。
1 cats

1 mar8

ここにもいました、うちのネコ。
1 rapi

モロッコ。
ほんとに見所たくさん。
ぼったくりに負けない強い精神でのぞめばとても楽しめるハズ。

早朝マラケシュに別れをつげ、空港へむかったわたし。
最後にあんなオチが待ち受けているとは・・・(過去日記参照)

やってくれるぜ、モロッコ‚É‚å‚ñ‚½
スポンサーサイト

オアシス散歩。(ティネリール)

砂漠といえばオアシスでしょう!
またしても絶景。ビバ、モロッコ!

オアシスといえばやしの木。
1 tin5

かわいらしいガイドがついたよ!
1 tin2

無理やり左目になってもらいました。
1 tin1

梅の花とやしの木のコラボレート。
1 ume

1 ume2

1 tin4

カスバ(町の跡)の土色とお空の青のコントラストがすばらしい。
1 tin6

モロッコのモスクはシンプルです。
1 mosq

「マダム!ガイドするよー!お金はいらないよー!」
なんだかかわいらしいのでガイド頼みました。
別れ際お金あげずに撮った写真を現像してプレゼント。
「おふぼわー!(さよなら)」
笑顔で去っていった。こういうふれあい大好き。

らくだは楽だ。(メルズーガ)

↑砂漠へ行ったら絶対嫌ってほど耳にします。

強行スケジュールで来ちゃったよ、サハラ砂漠。
実際に砂丘があるような砂漠は全体の何%だけで、残りの大部分は荒野のような土地なんだそーだ。

宿のすぐ前に池(?)があったー
1 mel1

ガッツで砂丘登ります!最後は四つんばい(笑)
1 foot prints

もう登れません。よくがんばった、あたし。
1 mel2

ふんころがしー!足跡がとってもキュート。
1 fun

宿のにゃんこ。めっちゃかわゆいです。
1 cat

今夜は砂漠でキャンプなのだ。らくだに乗ってでかけます。スペインの若者たちと一緒でした。
1 camel2

お気に入りの一枚。
1 camel

砂漠の夕暮れ。
1 mel3

夕方日が沈んで、月が昇るまでは満天の星。
みんな言葉もなく寝転んで星空みてました。

うーん、満足‚悵‚낤

モロッコ人、うざい。(フェズ)

世界3大うざい国民。インド、エジプト、そしてここモロッコ。
ボッてくるぞー、こいつら。
勝手にガイドしておいてガイド料請求。うわさには聞いていたけど・・・。
もちろん納得のいくサービスに対してはそれなりの金額を払います。
やり方が汚いヤツにはビタ一文やらじ。ぜってーやらん。(キラーン)

でもたまによくわかんなくなる。
お金のある人がない人を助けるのはあたりまえなのかしら。
だって、実際日本人お金持ちだもん。

ハマムで正規料金にくわえてチップを要求された。
最初に払ったお金はどう考えてもチップ込みの料金。
でもマッサージやってくれたおばちゃんが喜ぶならいいかなー、なんて。
ぼられているのわかってたけど、お支払い。

・・・そんなときもある。

フェズのスークにて。男の職場だぜ。
1 fez1

クスクス。
1 fez2

たちんぼねこ。肉屋さんが投げる肉片をまっているあいだ、たちっぱなし!
1 cat

フェズは特に人が疲れる町でした。
一泊もせず、夜行で移動。
次はサハラだよー‚悵‚낤

水色の町、シャウエン。

ぶえっくしょい!
花粉にやられてますが、何か?

タンジェからティトワン、バスにゆられてやってきましたシャウエン。
モロッコで一番好きな町です。・・・みんなはっぱやりまくりだけど。(笑)


1chau1.jpg

1 chau2

1 chau3

ねずみ男いっぱーい(笑)ベルベルの民族衣装です。みんなが注目の橋の下は工事現場。
1 nezumi

泊まっていた宿のテラスからの絶景。
1 sky

モロッコといえば砂漠。なんて思っていた私、大間違いでした。
白は日光を妨げ、水色は蚊を追い払うためとか?(ほんとかいな)
旧市街の横には川が流れていて、みんなの洗濯場もあった。
あああ、なんかのんびりしてていいわぁ。
砂漠ではないモロッコ。シャウエン、よいとこでしたー。
(バス停おりてすぐの上り坂はアキレス腱のびちゃうくらいきついけど。)

ティトワンの夕暮れ時。
1 tit

スーク。
1 tit2

シャウエンまでの車窓より。
1 tit3

モロッコで性転換。

しないってば(笑)。

スペインのグラナダからバスでアルヘシラスへ。
フェリーで出入国の手続きをすませ、モロッコのタンジェへ上陸。

アルヘシラスまでの道すがら。
1 spain

フェリーで出会ったかわいい兄弟。「ありがとー」のポーズ。
しかしこのあと船酔いでゲロゲロになってしまう二人なのでした・・・
1 moro2

りっぱなフェリー。
1 moro

タンジェの旧市街。
1 moro4

荷物を持って砂浜までトレーニング。(うそ)
1 moro5


久しぶりのイスラム国。アザーンも懐かしい。
ここタンジェはアンダルシアとイスラム、そしてベルベルのミクスチャー。
そうそう、ほとんどのモロッコ人が5ヶ国語(ベルベル、アラビック、フランス、スペイン、英語)を話します。天才!

フェリーで出会ったエジプト人とオーストリア人のハーフのまいちゃんと一緒に宿に泊まることに。
彼女も5ヶ国語ぐらい話せる!やっぱり地元の人とコミュニケーションがとれると、旅の楽しみ方が違う。ガイドブックも持ってないってゆってたなぁ。(全部その場で人に聞けるから)そのうえ人懐こい性格で、あたしは久々に他人が羨ましくなりました。
まあ、いじけてても仕方なし。フランス語でも勉強しよっと。ぼんじゅーる。とれびあーん。

これがマイちゃん。ナイススマイル★
1 mai

ピンクのそら大好きさ。
1 moro3



グラナダ、いろいろ。

なんだかかけぬけスペイン、ちょっとお疲れ気味のゆきこるです。
天気もさえないし(雹がふりました)、ちょっとグラナダでだらだら。

男らしい外見のアルハンブラ宮殿。
1 gra3

宮殿からの景色。
1 gra2

夜はライトアップ。
1 gra1

1 gra5

1 gra6

フラミンゴ見にいってきた。ってか、写真暗すぎでなにがなんだか(笑)
1 gra4

スーパーに売ってたこぶたちゃん。つんつんってやったら、やわらかかった・・・
1 kobuta

スペインよかったなぁ。ご飯おいしいし、ワインも安いし。
来る前よりかなり好きになりました。今度はスペイン語習ってこよーっと。

そしてヨーロッパにばいばい、いよいよモロッコ上陸です。



まぼろしのブタ。

ハンガリーで会ったご夫婦イチオシの一品。
その名も「セクレタイベリコ」。イベリコブタのシークレットな部位ですよ!
もう、ブタとは思えない食感らしい。
わざわざバスに乗り食べにいってきました。ブタブタブタ!
それがこの子です。

1 pork

アブラののったトントロ?!でも食感が違うー!
思わずおかわりしそうになった(←実はほかのメイン料理もたべた)。

となりのおっちゃんがライスプディングごちそうしてくれました。

1 pudding

渋いコックさん。
1 bar

いっぱい食べたのにすごい安くしてくれた。
ありがとう、メトロポリス(店の名前)のおっちゃんたち!!!

そしてセビーリャ観光。

1 sev

オレンジごろごろ落ちてます。
1 orange

アルカサル。個人的にはグラナダのアルハンブラより好き。
1 sev2

イスラム建築、すばらしい。
1 sev3

街並みもおしゃれです。
1 sev4

1 sev5

見えにくい所もおっしゃれー。
1 window

1 sev6

いやあ、楽しかった。
みなさんもブタを食べに、いざ、セビーリャ!

スペイン再び。

ポルトガルのリズボアからスペインのセビーリャへ。
地図で見ると国際列車があったってよさそうなルート。しかし、途中で途切れてました。
そんなこんなで川を渡って国境越え。

看板にも船マーク。
1 border

この子にのってスペインへ。
1 ship

見えてきたー(対岸から見えてたけど)
1 spain

ユーレイルパスを駆使してローカル線の旅。
なかなか楽しかった。
オラ!スペイン‚و‚µ‚낤

ユーラシア大陸のはじっこ。(ポルトガル、ロカ岬)

ポルトガル。・・・といえば、エッグタルト?

1 egg

めっちゃ食べました。確かにウマい。

なんとなく来てみたかった国。
目的は2つ。シーフードを食べること(笑)、そして西の端っこ、ロカ岬に行くこと。

リズボアから列車とバスにゆられてやってきましたロカ岬。

1 roca3

端っこからの風景。
1 roca2

1 roca4

1 roca1

なんだかちょっと感動。

シントラ(これまた世界遺産)にあるお城。今までみたお城とは一味違う。なかなかお気に入りです。
あやしい・・・。
1 pol2

カラフル・・・だったんでしょうね。
1 pol3

じゅんじさんにとってもらったナイスショット。
1 pol1

夜はポルトガル料理。
あさりと豚肉なんて、なんて斬新な組み合わせ!
1 food
ワインも飲んで、満足のディナーでした。

やっぱりあたたかいところに住む人はおおらかで優しい気がする。
またゆっくりと訪れたいです、ポルトガル。

車窓からの一枚。
1 tren

世界遺産の町。(トレド)

マドリッドから列車で約30分。
スペインの画家エル・グレコゆかりの町、トレド。
朝でた時は雨だったのに、ついたとたんに日が差してきた!
こりゃあ、雨女返上だわね。

トレドの街。
1 toledo2

1 toledo3

マンホールのふたです。
1 toledo1

この日は美術館が無料だったため、いっぱい芸術にふれました。
グレコさんの絵は色使いが独特だった。(小学生の感想?)
そういやあ、この人昔よんだ「サラディナーサ」っていう漫画にでてきたな・・・

マドリッド市内のアートたち。

駅構内にこんなものが。
1 mad1

牛ですが、何か?
1 mad2

たそがれている人かと思ったら、銅像でした。
1 mad3

今夜の夜行でポルトガル、リズボアへむかいます。

天才ガウディ。(バルセロナ)

スペインに来たら絶対見たかったもの。
ガウディの建造物たち。うむむむ。想像以上です。

いわずと知れた、サクラダファミリア。
1 bal3

内部の柱です。
1 bal4

細けー。
1 bal5

こちらが天才です。
1 gaudi

うーん、斬新なデザイン。
1 bal2

工事に日本人スタッフが加わって、格段とスピードアップしたらしい。

ガウディ作、カーサバトリオ(だったっけな?)
1 casa

内部は曲線だらけで、とってもキュートな上に実用的。
1 casa2

あああ、ガウディの設計したお家に住みたーい。

お次はギュエル公園です。

1 guel1

お菓子のお家みたい。遠くにサクラダちら見え。
1 guel2

人間の背骨の形を考えて造られたベンチ。めっちゃすわり心地よいです。隣は知らないお姉さん。
1 guel3

ガウディの家。
1 guel4

もとはといえば、住宅地にするはずだったのが、売れたのがたった2軒だった・・・(笑)
そのおかげでこんなに素敵な公園ができたのですね。

市場のフルーツ売り場。フレッシュジュースは1ユーロです。毎日飲んでた。
1 bal1

そんなこんなで満喫バルセロナでした。

あこがれの南仏。(ニース)

やってきました、南仏はニース。
ナイスと書いてニース(笑)。
街並みも人々も素敵。あああ、お金と時間があったらもっとほかの町も周りたかった!
それにしてもイタリアの列車はよく遅れる。ニースについたのは夕方になってしまいました。

夕暮れのニース。
1 nice

広場にあった謎のオブジェ。正座した人々がいっぱいです。
1 nice2

丘の上から見たニース。
1 nice3

次に生まれてくるならフランス人がいい。
今度またゆっくり旅したいです。

途中で立ち寄ったモンペリエでみつけたかわいいトラム。
1 fr

1 fr2

イタリア駆け足。(フィレンツェ・ピサ・ジェノヴァ)

バルカン隊のセレブパッカー、ちっぱるちゃんから譲っていただいた「ユーレイスパス」。ヨーロッパのほとんどの国で列車が無料、もしくは割引になるという超スグレもののパスです。もちろん本当は本人のみ使用可能。(よい子のみなさんは真似してはいけません。)有効期限内にポルトガルまで辿りつきたい!
そんなこんなで、いつもながら駆け足です★

フィレンツェの街並み。
1 fi2

マーケットにブタ型のチーズありました。
1 cheese

リアルメデューサ!!!怖っ
1 medusa

ピサにて、おきまり写真。雨の中歩きつかれて死にそうな顔です。
1 pisa

ジェノヴァにたどり着くまでは、電車が遅れるやら大雨の中宿を探して歩き回るやらでかなり泣きが入りました。荷物重いし。(20キロ。あたしスゲーっ!)ほんとに日本へ帰ろうかと思った。でも次の日天気がよく、ケロッとした顔で旅を続けたゆきこるなのでした。

思ったよりも物価が安く、人も優しかった国イタリア。
次回はカプリ島、青の洞窟リベンジしたいな‚و‚µ‚낤

やっぱりローマはすごかった。

ローマについてはもうあんた、何も言うことありませんって。
実際に行って見るのが一番です。あっちゃこっちゃに遺跡ありすぎ。コロッセオでかすぎ。
ってか、人が殺しあったり、動物と戦うのを熱狂して観ていたなんて悪シュミ。

1 roma1

1 roma3

ことあと手をパクリと・・・
1 roma2

1 roma5

1 roma6

1 roma7

1 roma8

カトリックの総本山、サンピエトロ寺院。
1 st. pietro

えへへ。
1 roma4

あんまりローマっぽい写真がない。
まあ、そういうのはガイドブックとかでね。
ローマ・・・観光でおなかいっぱいになることまちがいなしです。

ポンペイで売春宿。

18世紀前、ヴェスヴィオ火山の噴火により一夜にして火山灰の下に埋没した古代都市ポンペイ。
円形劇場をはじめ、教会、公衆浴場などかなり進んだ文明生活を送っていたことがわかります。
約2000年前にも人々はパンを焼いたり、絵を描いたり、はたまた売春宿に行ったり、今と似たような生活をしていたんですね。

1 pompei

お屋敷の中です。
1 pompei2

1 pompei5

1 pompei6

はい、どうも。下ネタ隊長です。
売春宿にあった絵の一部。大部分は美術館にて保存中。
1 pompei3

1 pompei4

ってか、このベッド石ですけど。硬すぎだろー
1 bed

こんな文明も一晩で滅びてしまったんですね。
亡くなった人々のご冥福をお祈りいたします。

ナポリでピザを。

どうも、雨女ゆきこるです。
前々からちらっとそんな気がしていましたけど、ここまで雨が続くとやはり自分にはそんないらんパワーがあるのでは?と思ってしまう今日この頃・・・いや、単なる偶然だろう!!!

さてさて、ナポリはピザ発祥の地ですYO!さっそく食べに行って見ました。
老舗のピザ屋さん、「ミケーレ」。メニューはピザ2種類のみです。男らしい。
焼きたて、最高です。

シンプルな店内。
1 pizza2

薄生地なのでバクバクいけます。
1 pizza

そしてナポリの町並み。
1 napoli
雨ににじんでます。

そうそう、ナポリには中国人がいっぱい!

「どーしゃおちぇん?(いくら?)」
「いーくゎいちぇん(1ユーロだよ)」

あああー、いい!いいわー、このやりとり。
なんだかほっとするゆきこるなのでした。



水の都、ヴェネツィア。

水の都・・・その呼ばれの通り、雨だった(涙)。
負けずに歩いて観光!(でも絶対晴れた日のほうが美しいんだろうな)

ヴェネツィアの観光どころは島のようになっていて、本土から渡ってくるために川の中に橋があります。
この橋、ムッソリーニが造った(造らせた)んだそう。たまにはいいことするじゃん。

これぞヴェニス。ゴンドラなり。
1 venice

1 venice2

かわいいチェス発見。
1 venice 3

今までいろんな教会を見てきたけど、やっぱりイタリアはスケールが違う。
(その割には写真ぜんぜんとらなかったけど)
ただ、いたるところに落書きがあるのがとても残念でした。

Loveのある国、スロヴェニア。

来る予定ではなかったんだけど、来てみてよかった!
そんな国です、Slovenia。
自然がいっぱい、英語も通じるよ!

雪のブレッド湖。
1 bled 2

氷面にお花が。
1 bled

晴れた日の夜明けはこんなかんじ。
1 bled3

朝日にそまるユリアンアルプス。
1 slovenia

世界遺産のシュコチアン鍾乳洞へも行きました。
残念ながら内部撮影禁止。でも今までにみた鍾乳洞の中で一番レベル高かったー。
ちなみにカルストはスロヴェニアの地方の名に由来しているそうです。

ヨーロッパなんだけど、すれてないというかなんというか。
よい国です、スロヴェニア。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ。

「民族浄化」って聞いたことありますか?

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ。
セルビア人、ムスリム人、クロアチア人という異なる民族が住み、それぞれが他方を根絶させるために殺しあったという過去を持つ国です。首都のサラエボにはまだたくさんの傷跡が残っていました。

スナイパー通りにあるミュージアム。銃弾の痕が痛々しいです。
1 sarajevo

1 sarajevo4

第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件現場。
1 sarajevo 2

新しいお墓が並ぶ墓地。
1 sarajevo3

モスタルの緑の河。地元民になんで緑なの?ってきいたら、「who knows!」ってゆわれた。知っとけよ!
1 mostal2

ここでも戦いがくりひろげられたのですね。
1 mostal

日本で生まれ育つと、民族やら宗教やらあんまりピンとこない。
いのちよりも大切なことなのかなぁ・・・

魔女子さーん。(クロアチア、ドブロブニク)

魔女の宅急便のモデルになった街。(いったい世界に何個あるやら)
そんな肩書きなしでも十分魅力的です、ドブロブニク。
まずはとくと写真をごらんあれ。

1 dov

1 dov3


1 dov2

1 dentist

ジジ(おじいちゃん?)発見。
1 gigi

すっごい石像発見。18禁です。下ネタ隊長としては、みなさまにリポートせねば!!!
1 R18

キキはお出かけ中でした。

百聞は一見に如かず。
みなさんも行ってみてください★

モンテネグロ人の優しさにふれた夜。

ティラナからバス、タクシーをのりついで、モンテネグロのコトルまで。
ほぼ丸一日かかっての移動で、ついたのは夕方、暗くなってから。
ここでゆきこる大失態。サブバックをバスにおいてきちゃったYO!
気がついたときには、既にバスは発車してしまった後でした。
あわあわしながらも周りの人に事情説明。
みんないろんなところに電話をして、なんと直接バスの運転手と話をつけてくれました。
おかげて翌日バス停までバックをもってきてもらえることに!
あああー、よかった。
ほんとにありがとう、コトルの人々!(バス停のおばさん除く。←何もしてくんなかった)

おかげで夕飯のシーフードをおいしくいただくことができました。

1 squid

コトルの町並。

1 kotol2
1 kotol
1 cat
やっぱり猫が好き。

短期間の滞在だったけど、高感度大です、モンテネグロ。

ヨーロッパのアフリカ。(アルバニア)

国民の3分の1がねずみ講で財産を失った国。
しかも、10年くらい前の話だっていうからすごい。
ちょっと不思議国アルバニア。やってきました、首都ティラナ。

やっぱり他のヨーロッパとは違う。
道の汚さ(笑)にアフリカというよりアジアを思いだしました。
街中はきれい。

1.jpg
1 ufo uni

どんな大学でしょう?

1 cluje

観光に行った、近くの町クルーヤにて。アルバニアの国旗、かっこいいです。

特に何をするわけでもなかったけど(また?)、これただけで満足。
これからの国です。がんばれ、アルバニア!

雪のスコピエ。

夜行電車でやってきたマケドニアの首都、スコピエ。
一面真っ白な雪に覆われていました。聞いてないよー。

街を歩いて観光。
たまに段ボールおしりにひいて、すべってみたり。
夜イルミネーションのきれいな通りを歩いていたら、ジプシーの子供達に雪で襲撃された。
応戦していたけど、しまいには顔に雪を直接かけられた。
ついでにかばんの前ポッケからペンとリップ(新品)とられました。
くそう。とられるとわかってても、実際にわーっとよってこられると「どけーい!!!」とできない自分がいた。

旅行にでて、初めての盗難事件でした。
、、、薬用リップは貴重なんだぞー!!!うがー。

scopie.jpg
現場です。

翌日はコソボ自治区侵入大作戦。
コソボ、、、セルビア領内にありながら、アルバニア系住民が多数を占め、独立を求めてドンパチやっていたのが10年前のこと。NATOによるベオグラードの空爆も記憶に新しい。
そんなコソボになんで行ってみたかったのかしら。
今考えるとよくわからん(笑)

とりあえずバルカン隊は、コソボにある世界遺産をめざしたのでした。
スコピエからバスにのってプリステイナへ。
途中の国境にて入国スタンプを別紙におしてもらう。
スタンプがあると後でセルビアに入国できなくなるから。
でももうセルビアへ戻る予定もないし、できればパスポートにおしてもらいたかったんだけど、
後ろに座っていた親切なお姉さんが係の人にわざわざ頼んでくれたのでまあいいや。

たどり着いたプリスティナもやっぱり雪。
町の中心まで歩いてゆくも、世界遺産の教会はみつからず。
結局ごはんたべて帰ることにしました。

ほんとに何しにいったのかしら(笑)
でも親切なお兄さんにも会えたし、よしとしよーっと。

nice guy
教会への行き方をいろいろな人に尋ねてくれた親切なお兄さん。

bill clinton

バスターミナル近くにあった謎の建物。その名もビルクリントン。

kosovo.jpg

兵士募集の看板。

ofrid.jpg

マケドニアのオフリドで見た夕日。

あっというまに。

アッサラーマレイコン。
あってるのかしら、この仮名書き。

お久しぶりです。
エジプトはダハブからゆきこるです。
イスタンブールでシリアビザ、インドビザをゲットしてすぐシリアのアレッポへむかいました。
ええ、もちろん石けんを買いに。
そのまま南下を続け、ヨルダン、イスラエルをかけぬけ、
バックパッカーのリゾート地ダハブに到着。
はららー、海きれーいい。
みなさんがダイビングのライセンスをとっている間にブログ更新に励むつもりです。
どんだけおくれをとっているんだ?、、、考えるのやめとこ。

そんなこんなで、ゆきこるは33歳になりました。
ぞろ目です。お肌も曲がりきってきました(これほんと。旅行にでてからやばいです)
どうぞこれからもよろしゅうお願いいたします。

Appendix

プロフィール

ゆきこる

Author:ゆきこる
1年5ヶ月プラス3ヶ月で地球を1周。
やっぱり地球は広かったー。
出会ってくれたみなさん、応援してくれたみなさん、ありがとぅ。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。